読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

web版 陽岳寺護寺会便り

下町深川の禅寺 陽岳寺からのお知らせのブログです

Have A Nice Day!

ここ数日、日本の方ではない人々とお話しする機会が多かったのですが。別れ際、かならず言われる言葉がありました。それは・・・ 「Have A Nice Day!」 さようなら程度の意味で使っているのでしょう。 「よい一日を」という意味ですが、この言葉は相手のこと…

陽岳寺 本尊『十一面観世音菩薩(じゅういちめん かんぜおんぼさつ)』

今年も春彼岸に多くの方が墓参されました。もちろん、まだお骨の入っていないお墓にお参りされる方も。 さて、今回の護寺会便りの内容は、陽岳寺の本尊について、です。 何かのテレビ放送で「お墓参りする前に、ご本尊にお参りしましょう」と言っていたそう…

外壁と万年塀の塗装をしています

今日から外壁と万年塀の塗装をしています。 一ヶ月ほどを予定しています。今日から足場を組み始めました。

赤い風船 ~ 東日本大震災三回忌によせて

2011年3月11日の東日本大震災。あれから二年が経ちます。 また、親しかったあの人がいなくなって何年経ったのでしょうか。時間が経つにつれて、人の心は動き、変わっていくものです。その確認のチャンスが墓参や法要にはあります。もちろん、この護寺会便り…

聞く力

聞く力とは、自然や大いなるものと一つになる力のことです。 そして、その力を私たちは皆持っている、そう思います。寄物陳思、きぶつちんし。 物に寄せて思いをのべる、という心理があります。万葉集にみえる、和歌の技法のことです。 これは、恋心を自然の…

新年のごあいさつ

明けまして、おめでとうございます。 どうぞ本年もよろしくおねがいします。 陽岳寺副住職 合掌

平成24年度ご祈祷と演芸会 無事円成

今年もご祈祷と演芸会、皆様のおかげで無事円成の運びと相成りました。 一家に一冊ということで、「いろはにほへと」をお土産にお持ち帰り頂きました。 いろはにほへと―鎌倉円覚寺 横田南嶺管長 ある日の法話より作者: 円覚寺居士林出版社/メーカー: 円覚寺…

平成24年度ご祈祷と演芸会は11月25日です

謹啓 本年への感謝と来年の無事とご多幸を祈念いたしまして、恒例により11月25日(11月最終日曜日)、午後2時よりご祈祷会を開催いたします。 ご祈祷の後、三遊亭圓橘師匠の落語を聞きたいと思っております。主催 陽岳寺護寺会 日時 平成24年11月…

おふだ作製中

おふだ作製中です。ご祈祷会のために、です。 ひとつひとつ、降伏一切大魔最勝成就!

畏敬の礼の心

お彼岸の月(三月と九月)の護寺会便りには、お彼岸の期間はいつですよというお知らせを入れるのですが。先月号は忘れてしまいました。今年の秋のお彼岸は、お中日が二十二日でした。 例年秋分の日は二十三日なわけですが、今年は百年以上ぶりに九月二十二日…

秋彼岸におもう

お彼岸のお中日は、秋分の日。二十四節気の秋分の日です。「暑さ寒さも彼岸まで」と言いますが、入りの日は雨が降り、お中日のあった土日は雨が降り、と。寒かったですね。 また今日は最高気温がグッと上がるし、なんなんでしょう??もう秋になりますかね?…

平成24年度夏季学生大攝心 於 円覚寺居士林

2012/08/31(金)〜02(日)円覚寺居士林にて、平成24年度夏季学生大攝心が行われました。今攝心も、円覚寺管長青松老大師をお迎えしての開催でございました。 臨済宗大本山 円覚寺 | 坐禅会のご案内 未熟者、今攝心で侍者寮を務めました。至らぬ点多々あっ…

名前

仏教の開祖である「お釈迦様」は、いろいろな名前をお持ちでした。 「ガウタマ・シッダールタ」は、出家前の名前。 「仏陀(ブッダ)」は、サンスクリット語で、目覚めた人・体解した人・悟った者などの意味が、個人名化したもの。 「釈迦牟尼(しゃかむに)…

ぼんぼり祭り2012@鎌倉 鶴岡八幡宮

ぼんぼり祭は、毎年8月に立秋の前日から9日までの3日間(年により4日間)行われる、鎌倉の夏の風物詩ともいえるお祭です。 (鶴岡八幡宮 | 祭りの意味 | 夏のお祭りぼんぼり祭りより) というわけで、行ってきました。ぼんぼり祭り2012@鎌倉 鶴岡八幡宮。今…

おおいに恥じよう

三悪業というものがある。三というのは「身口意」のことだ。 「身」は行動にうつしてはいけない、「口」は言葉にしてはいけない、「意」は心に思ってはいけない。 悪ということは、何かがあって悪とみなすわけである。その基準はなにか。戒律があるのも、こ…

お盆に思う−「突然である」

だれにでも訪れ、避けることも出来ないし、何かしらの原因があって至り、そして至ったならば戻ることもできない。 この四つは『死』の概念です。 「突然である」ことは入りません。なぜなら、それは主観だからです。 明日はお盆の入りの日です。その前から、…

行動神話と成長神話

本屋に行くと、自己啓発本・ハウツー本が平積みされているのが目立つ。 経営者も、いちサラリーマンも、先生も、お坊さんも、みんな(その体にされて)書いている。 坐禅会では、まあ坐れ、と言う。 理論は後からついてくる。とりあえず、やってみようぜ、や…

父の日

お母さんは今日もあなたが大好き - Yahoo!知恵袋はてなブックマーク - お母さんは今日もあなたが大好き - Yahoo!知恵袋 鳥を、大樹を、仏陀を、わたしを、闇と光を、何にしたとしても。 出会っては別れるのみ。 お父さんは今日もあなたが大好きです。 出会い…

母親というものは

『母親というものは』という詩があります。葉 祥明さん作です。この詩のように全く無欲な母親ばかりではありませんし、泣かせることだってあるかもしれません。母親の望むことを子どもは分かっていますが、応えることができないものでもあります。 なぜなら…

またiconを変えました

徳川の旗艦安宅船、舵を取る位置に、”む”の字の旗。向井水軍! これしかないかとアイコンを変えました。 安宅船 - Wikipedia

陽岳寺山門施餓鬼会、無事行うことができました

本年も無事に、施餓鬼会を行うことができました。 施餓鬼会に参加された方々、お集まりいただきました皆さん、また護寺会員の皆様には、厚くお礼を申し上げます。 今年から陽岳寺の施餓鬼は5月の第3土曜日にさせていただきました。 本日はたいへん天気もよく…

陽岳寺 山門大せがき会:5月第3土曜日

本年度から、陽岳寺 山門大せがき会の日程が変更になります。 【5月第4土曜日→第3土曜日】平成24年度は、5月19日(第3土)です。 すでに案内が檀信徒の皆様には送られているかと存じます。 参加されるかたはお早めにご連絡ください。 今年は、住職がお話しし…

すなお(素直さを思い出す)

人は生きている限り、多くの刺激を受けています。その刺激の「差」を比較して優劣をつけず、ただあるがまま受け止めるにとどめよ!と仏教は説きます。人生山あれば谷あり。良いこともあれば、嫌なこともあるでしょう。自分の気持ちがコロコロと変わるように…

うしろの手

インドかタイかの、ことわざだった気がする。 あなたが虫を潰そうとするとき、あなたにも「うしろの手」が迫っていることを忘れてはならない…という内容。 先日、親鸞フォーラムへ行ってきた。会場はベルサール秋葉原。会場は2階で盛況でした。基調講演は姜…

春彼岸の明けに思う

今週のお題「私の宝物」 夕方、墓参にいらした方が帰りに。「たくさんのお花が御供えしてあって、とっても綺麗でした」と。 たしかに! ただ花粉にご注意を! 上の画像は去年の春彼岸のときのもの。 陽岳寺の墓地は、お墓がきれいに並んでおりますから、それ…

彼岸に思う

春のお彼岸。それは春分の日を真ん中に(お中日という)、一週間のことをいいます。 17日の土曜日、入りの日は、大変さむく、雨も降っており、皆さんいらっしゃるものだろうかと思っていました。昨年は東日本大震災の影響もあって墓参にいらっしゃる方の数は…

ゆるゆると、ゆるぎないこころ、ゆるすこころ〜3.11東日本大震災1周忌回向

昨年3月11日の東北地方太平洋沖地震から、約1年。1年という時間は長かったでしょうか、短かったでしょうか。新しい年を迎えて、また内容を変える必要があると、回向をつくりました。 のこされた私たちが健康で戒めをもって暮らしていく姿を見せることが何よ…

平成24年度春季学生大攝心 於 円覚寺居士林

2012/03/02(金)〜04(日)円覚寺居士林にて、平成24年度春季学生大攝心が行われました。今攝心も、円覚寺管長青松老大師をお迎えしての開催でございました。 臨済宗大本山 円覚寺 | 坐禅会のご案内 未熟者、今攝心で侍者寮を務め、途中下山しました。至ら…

イノベーションのジレンマ

今週のお題「最近、ハマっていること」 こんなものたちを書いてみたりしていますが。 もしお坊さんが『ゲーミフィケーション』を読んだら(前編) - たぜあた -web版陽岳寺護寺会便り- もしお坊さんが『ゲーミフィケーション』を読んだら(後編) - たぜあた…

震災以降、なぜこんなに涙もろくなったのか

昨日、金スマ(TBS「中居正広の金曜日のスマたちへ」)という番組を見ました。由紀さおりさんの特集。夜のスキャットなど歌っていらっしゃいました。VTRではEvery Little Thingの持田香織さんがインタビュアーとして、ナレーションもしていました。 年甲斐も…

ダイバーシティとサステナビリティ

カタカナだと分からない言葉ありますよね。私にとって、「ダイバーシティ社会」はその一つでした。 ある本に書いてあったので、すこし考えてみます。 「ダイバーシティ社会」とは、「多様性のある社会」「多様性を受容する社会」ということです。 そもそもア…

2012年を迎えたにあたって

ブログをはじめて1年は過ぎました。檀信徒の方へ護寺会便りをお送りしたり、このブログで稚拙な文章をアップロードしたり。 どのような結果が残ったのか。情報の蓄積、それを省みると・・・ このブログは陽岳寺檀信徒・縁者に向けて そもそも、このブログは…

門前仲町駅に最寄りの当寺で坐禅会を考えています。参加したいなと考えるなら、平日がいいですか?土日がいいですか? - 人力検索はてな

門前仲町駅に最寄りの当寺で坐禅会を考えています。参加したいなーと考えるなら、平日がいいですか?土日がいいですか? - 人力検索はてな あなたが坐禅会に求めることはなんですか?@都内23区 当寺での.. - 人力検索はてな はてなのサービスに登録して数年…

四捨五拾

今週のお題「寒さに負けない方法」 これまた極論ですが、寒いと思わなければ、寒くはならない。 「放てば手に満てり」とは正法眼蔵にある言葉だそうですが、手放してこそ大切なものが手に入る。なにかを手にしたままでは、次のものは手にはいらない。満杯に…

すべては個に集約される

いま朝日新聞と毎日新聞を購読しています。そのなかでも・・・ 朝日新聞では、「リスク社会に生きる」。 毎日新聞では、「幸福のかたち:3・11後の選択」。 これから先何年と生きていくなかで、すべては個に集約されます。新聞をとるにも、就職をするにも…

海晏河清

今週のお題「2012年、今年の四字熟語」 海晏河清。海も川も安らかに、という意味です。 新年はじめのご挨拶として、昨年は大変でしたがと口に出ることは、それだけ東日本大震災は大ごとだからです。今年も「震災」という言葉と付き合っていく覚悟が求められ…

新年のごあいさつ

明けまして、おめでとうございます。 どうぞ本年もよろしくおねがいします。 陽岳寺副住職 合掌

ブログ開設して一年をふりかえり

「絆」なんて漢字が選ばれたようですけどね、皆さん一つ、自分の身と心を振り返ってみてほしいもんですね。 自分のからだと心の絆は一体どうなんだと申し上げたい。 絆の大切さに気付いただとか、友達とか家族ってのは大事にせんとアカンなんて言ってる人は…

お祝いの言葉の交換

お寒うございます、副住職です。 護寺会便りが、みなさんの手元に届く前には、寺族に読んでもらうというチェックがあります。誤字脱字、読みやすいか分かりやすいか。一般?の意見を聞くわけです。 さて今年、私はお嫁さんを迎えましたので、読んでもらって…

般若ふだ、平成24年度回忌 発送しました

毎年11月最終日曜日のご祈祷と演芸会にて、読経、回向しました“般若ふだ”と、来年度の回忌のお知らせを、発送しました。 平成24年度年回表 1周忌 平成23年 3回忌 平成22年 7回忌 平成18年 13回忌 平成12年 17回忌 平成 8年 23回忌 平成 …

年内最後?の護寺会便り、鋭意制作中

12月1日号No.133を作っています。 いちおう出来はしたのですが、住職夫婦からダメ出し。やっぱりか・・・。 前半は、このブログで掲載した記事を、こねくりまわしたもの。 吠えてると、住職。たしかに。。。 こねくりまわした前半を、掲載します。ほぼ同じで…

平成23年度ご祈祷と演芸会 無事円成

今年もご祈祷と演芸会、皆様のおかげで無事円成の運びと相成りました。 お配りした袋のなかに、ご祈祷の言葉を「護寺会便りNo.132」としてお持ち帰り頂きました。 以下、ご祈祷と演芸会の様子です。 タイコをドンドン叩きます。ご祈祷太鼓! 寄席です(六代…

明日は、ご祈祷と演芸会です

謹啓 本年への感謝と来年の無事とご多幸を祈念いたしまして、恒例により11月27日(11月最終日曜日)、午後2時よりご祈祷会を開催いたします。 ご祈祷の後、三遊亭圓橘師匠の落語を聞きたいと思っております。主催 陽岳寺護寺会 日時 平成23年11月…

「男はつらいよ」と葬式との関係

男はつらいよ - Wikipedia さて、「男はつらいよ」と葬式との関係。 法要の前後、列席者の方とお話ししていて思うこと 法要を行い、遺族とともにお茶を飲んだり、ご飯を食べたりしますが。私と、お話しをする人もいれば、お話しをしない人もいます。積極的、…

すなお

小さなお子さんが一番分かっている。 お経の隙間を埋めるように口語で申し上げるけれども、それは式中、式後に色々と考えてほしいからではありません。 いや、もちろん、お通夜って、葬儀って、と考えては欲しいですけれども。 丁々発止と言いますか賑やかに…

正しい智慧〜一日作さざれば一日食らわず(一日不作一日不食)

知恵じゃなくて、智慧です。 「正しい」の定義とは何か?智慧って何か?、スパッと言い切ることの出来ない自分がいます。 ブログやツイッターで、ひたすらに、つぶやく・ツイートする・記事を書く・まとめるなどなど・・・。一生懸命、自分で自分を「正しい…

「悩ませない、考えさせない、相談させない」…悪徳訪問販売業者の3原則に学ぶ、よい寺院の姿とは?

「悩ませない、考えさせない、相談させない」 これは悪徳訪問販売業者の3原則といわれます。 訪問したその日に脅し、ヤバいと思わせて親身を装い、契約&代金回収。そのために、見積書、工事請負契約書、請求書の3点セットを持っているといいます。 まじめに…

アラン「幸福論」とみる、坐禅体験! 於 東京禅センター(世田谷区野沢龍雲寺脇)

アラン「幸福論」本文を引用しつつ、いまお手伝いをしている坐禅体験!について紹介してみたいと思います。仏教・禅というと堅苦しいイメージがついてまわると思うのですが、そんなことはないんですよ!! 坐禅体験! 於 東京禅センター(世田谷区野沢龍雲寺…

それでも人生にイエスと言う

「それでも人生にイエスと言う」 V.E. フランクルという方の本があります。内容については触れません。書名を知り、とても良い言葉だな、と私は思いました。 この言葉は、イエスと言い続けることを示します。 そして、その「イエスと言う」ことは、主体性を…

なぜ仏教について語るのか

なぜ仏教について語るのか。 それは、私にとって仏教はノンフィクションだから。 性や仕事というのは、アイデンティティに関わることです。 いわゆる性役割(いつか絶滅するだろう)や、この道一筋で生きてきました感・手に職感は、自己肯定感に絡んでこよう…