読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

web版 陽岳寺護寺会便り

下町深川の禅寺 陽岳寺からのお知らせのブログです

【コラム】アツイ夏 お十時・お三時 水分補給

【コラム】アツイ夏 お十時・お三時 水分補給

『気づいたときに、水を飲む!』
水分補給が大事だと言われても、「よし!水分補給しないと!」と思って生活することは難しいですよね。急にそんなこと言われても・・・。

そんな時こそ、生活の知恵の出番です。
「おじゅうじ・おさんじ」をしましょう。
午前の間食、午後の間食です。
お菓子はいりません。買ってきたお茶なり、水道をひねった水なり、飲むことを楽しむ習慣をつける。
お十時・お三時とは、本当によく考えられていると感心します。生活の知恵として。
ひとのからだは60~70%水分と言われていますね。地球の海:陸地の比率と似ています。
ひとのからだには、水分が大切なのですから、自分で自分をいたわる工夫をもつ。
朝ごはん、おじゅう時、お昼ご飯、おさん時、晩ご飯、お風呂上がり。
自然と水分補給できるタイミングをつくっていきましょう!
アツイ夏 お十時・お三時 水分補給


さて、こんなお話しがあります。

あるところに若い木こりがいました。
彼は仕事を頑張って、1日に15本も伐採することができました。
そして、こう思いました。
「今日は15本できたから、もっと頑張れば明日は20本できるはずだ」
翌日、若いきこりは頑張って仕事をします。なんとか18本まで伐採できました。
「目標を達成できなかったけれども、自分の頑張りが足りなかったからだろう。つぎは1.5倍だ!」
しかし、翌日からうまくいきません。
1週間後には5本しか伐採できませんでした。
若い木こりは親方に相談します。なぜうまくいかないのでしょうか?と。
親方は若い木こりに聞きます。
「お前さんは、オノの手入れはしているか?夜はちゃんと寝ているか?ご飯はどうした?休むことも大事だぞ」
目標達成に焦り、いらだち、見失っているものがあったのでした。


いつものように暮らしていれば手入れをしていたかもしれません。睡眠も、食事も、休みも取れていたかも・・・。
からだの手入れをいたしましょう。まずは水分補給から。

そして、休むこと。クーラーや扇風機を賢く使う。暑さから逃げて休みましょう。

  • ひとつの部屋に集まってクーラー節約、家族団らんで過ごす。
  • ご近所さん同士集まって、ご近所コミュニティを深める。
  • 図書館などの公共施設、商店街やカフェなど、身近で涼しい場所に行く。

この夏、体調など崩されませんように・・・。(副住職)
f:id:yougakuji:20140613163716j:plain