読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

web版 陽岳寺護寺会便り

下町深川の禅寺 陽岳寺からのお知らせのブログです

平成24年度夏季学生大攝心 於 円覚寺居士林

2012/08/31(金)〜02(日)円覚寺居士林にて、平成24年度夏季学生大攝心が行われました。今攝心も、円覚寺管長青松老大師をお迎えしての開催でございました。
臨済宗大本山 円覚寺 | 坐禅会のご案内
未熟者、今攝心で侍者寮を務めました。至らぬ点多々あったかと存じます。無事円成できましたのも参加者の方々御自身のお力です。
夏季学生大攝心は1年ぶりの開催でした。昨年は台風の影響により中止!おととしは会場を本山でした。居士林での開催となると、2年ぶり!
「学生」と名前にありますが、幅広い年齢層の方から、男女ともに参加しています。


居士林主事様のブログでも、今回の学生大攝心について記事がアップされています。
円覚寺・居士林だより 夏季学生大攝心開始
円覚寺・居士林だより 祈り願う心
円覚寺・居士林だより 学生大攝心の風景
円覚寺・居士林だより 願いを持って生きる

学生大攝心の様子をご紹介

会中、お写真を撮らせていただきました。ご紹介します。会場は、円覚寺居士林です。
三日間、暑かったですね!井戸のところで、つねに麦茶を冷やしていました。ご自由にどうぞ。ついでにスイカも・・??

受付開始!安単します

五時に開門、受付開始です。着替えてから受付をすませたら、五時半の攝心の始まりを待ちます。これから始まる攝心への心構えを皆様にお持ちになっていただく。その時間です。

直日による挨拶からはじまり、まず自分の単の場所を確認してもらいます。安単します。

まず諸作法の説明・・坐相説明など

会中、みなさんが使う湯呑み・経本などをお配りします。お茶のいただきかた、食事作法など、説明をいたします。
もちろん坐禅についても。衣を着ていると分かりづらいので、作務着の雲水さんに実演してもらいました。

居士林主事様から居士林規条を拝聴

居士林主事様より居士林規条を拝聴いたします。二泊三日の大攝心を過ごすにあたり、諸注意をいただきます。

暑いので窓ごと外しました

暑いので窓ごと外しました。二日目・三日目と、雨が降りました。雨でジメーッとしましたね。三日目はおかげで涼しくなったような気がしましたが・・。夜坐、仏殿の軒下で行いましたのも静けさと涼しさあってこそ。

告報

攝心中の流れ、一日の流れ、その告報があります。

朝です!開静おねがいします

開静(かいじょう)時間は、午前四時です。すぐに明るくなりはじめます。

五時 前後の空、異様にキレイな空でした。雲がモクモク。

待ってました!粥座(朝ごはん)です

今攝心、二日目が9月1日で、祝聖に出頭しました。了而、粥座です。また三日目は、朝の坐禅後、朝ごはんでした。おかゆ・僧堂で作っている沢庵&梅干です。

提唱へと向かいます

朝の掃除後、講座の時間となります。会場は僧堂、宿龍殿です。居士林から移動します。



攝中・攝了と、二日間にわたり青松老大師の提唱を拝聴しました。講本は、夢窓国師発願文です。

齋座(お昼ごはん)です

齋座(さいざ)、お昼ごはんです。押麦ごはん・具だくさん味噌汁。今回は冷奴をつけました。

茶礼(されい)

皆さんでお茶をいただきます。夏ですので、スイカです!少しくだけた茶礼では、質疑応答をうけました。

夜の茶礼です。単ブチに、湯飲みが並びます。

無事円成!総茶礼後、残香・攝了諷経。お疲れ様でした

ついに攝了(最終日)です。二泊三日もあと少しで終わります。提唱のあと、総茶礼、残香、攝了諷経ののち解散です。
総茶礼にて老大師よりお話がありました。「居士林では土曜日曜と毎週、このように坐禅会をしています。ぜひ参加してみてください」「学生大攝心はもともと、雲水が主体となって運営するものではありませんでした。ある時から、せっかく長く続いているこの機会を無くさないことを考えてのことでした。以前は二泊三日ではなくて、もう少し長く攝心をつとめておりましたし。年に四・五回はしていたそうです。今のかたちは今日まで皆さんの参加されたものですが、忌憚無くご意見を聞かせてください。これからの学生大攝心の参考にさせていただきます」などなど。
5年前くらいからでしょうか、三泊四日が二泊三日になったように記憶しています。今は春季・夏季の二回ですが、以前は冬季・年明けに行っていたようです。
そこでアンケート箱を用意、貴重な意見を頂戴しました。ありがとうございます。


着替えの後、受付をすましてから解散です。参加者の方々には、「いろはにほへと&延命十句観音経のしおり」をお配りしました。

最後に

最後に、運営側でもなんでもない私ですが、関係者にお礼を申し上げます。円覚寺管長横田南嶺老大師、御垂示、御提唱、誠にありがとうございました。運営に携わっております教学部長様、居士林主事様、ありがとうございました。また、実際に世話をしていた修行道場の雲水。総まとめ役の知客寮さん、直日さん、お世話係の侍者さん二人。ご飯係の典座さん。みんなお疲れ様でした。私も楽しかったです。
会後に片付けを手伝ってくださいました方々、そうめん・スイカはいかがでしたでしょうか。疲れているにも関わらずお手伝いいただき、ありがとうございました。


毎回申し上げますが、雲水にとって、この学生大攝心は大変修行の励みになるものであります。参加者の真摯な姿には心を打たれます。お世話になった円覚寺への恩返しもありますが、2泊3日を通して見られる居士・禅子さんの姿を思い出すと、学生攝心のお手伝いに導かれるのです。

追記9/12

円覚寺・居士林だより 土曜の晩に坐りたい方へ
土曜の昼間、坐禅会は大盛況だそうです。夜も行っています。段階的に、じょじょに、参加されてみたらいかがでしょうか。

今週のお題「2012年、夏の思い出」

正座と坐禅と暑さと、参加者の方々は苦しんだはずです。にもかかわらず皆さんの大変な頑張りに、私たち常住は驚きっぱなしでした。この学生大攝心が、皆さんの「夏の思い出」となってくれたらなと思います。