読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

web版 陽岳寺護寺会便り

下町深川の禅寺 陽岳寺からのお知らせのブログです

母親というものは

『母親というものは』という詩があります。葉 祥明さん作です。この詩のように全く無欲な母親ばかりではありませんし、泣かせることだってあるかもしれません。母親の望むことを子どもは分かっていますが、応えることができないものでもあります。
なぜなら、いくつになっても人は人の子であり、母親は永遠の母親のままだからです。
花は無心に花を咲かせます。そこで咲きなさいと言われることもなく咲くのです。この無心さゆえに、私たちは花に対して不満を持ちません。私たちが花を見て、なぜコッチを向いて咲いてくれないのか?きれいに咲いてくれないのか?と思うでしょうか。
加えて、私たちが花を見て心なごむ理由は、本来、私たちも持っている無心さを思い出させてくれるからなのです。


人が生きる理由を考えてみると、ひとつには咲く心を持つことです。
無理に咲くこともないでしょうし、本当に本当に咲くことができないこともあるでしょう。そんなときは根を張る。
我が家の水仙は花がつきません。掲示板の下にある水仙です。それでも毎年芽生え、葉を伸ばします。それは、根を張っているからこそなのだと。そう思います。


母親というものは (葉祥明シリーズ)

母親というものは (葉祥明シリーズ)


置かれた場所で咲きなさい

置かれた場所で咲きなさい