読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

web版 陽岳寺護寺会便り

下町深川の禅寺 陽岳寺からのお知らせのブログです

春彼岸の明けに思う


今週のお題「私の宝物」
夕方、墓参にいらした方が帰りに。「たくさんのお花が御供えしてあって、とっても綺麗でした」と。
たしかに!
ただ花粉にご注意を!


上の画像は去年の春彼岸のときのもの。
陽岳寺の墓地は、お墓がきれいに並んでおりますから、それはもう綺麗で。また、列によっても見た目が違うという。墓参にいらした方だけが分かる光景ですね(上の画像では、ちょっと分かりにくい)。
それぞれのお墓に、それぞれの親族知人がお参りにいらしているからこその出来事・光景。この光景は、ほんとうに細い糸でつながっているだけなのかもしれません。綱渡り状態かも。絆ということばが叫ばれますが、いっときのことなのかも。
当たり前のことですが、昨日という日には戻ることはできない。そして、もう今年の春のお彼岸には戻れません。
季節を使い捨てにしていませんか?この一日一日、一瞬一瞬が宝物でしょう。このことに気付けば自分やまわりをいとおしく思ったり、大切にしたりできるはずです。
それでも使い捨て、無駄遣いすることをやめられないかもしれません。そのときは懺悔すればいい(むしろその無駄がなければ光らないのですが)(そしてそれを無駄と分かっているなら、その無駄は無駄ではない)。
きれいごと言わないで、どうしますか(洗脳とはちがいます)。

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。
マザー・テレサ