読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

web版 陽岳寺護寺会便り

下町深川の禅寺 陽岳寺からのお知らせのブログです

仰冀三宝附垂昭鑑 上来諷誦(経名)所集功徳奉為 東日本大震災津波被災物故者各霊位荘厳報地 十方三世一切仏 諸尊菩薩摩訶薩 摩訶般若波羅蜜

東日本大震災津波被災物故者各霊位」とお位牌をつくりました。本堂、須弥壇へ・・・。

左の写真は、清澄庭園の入り口からすぐのお寺、本誓寺(浄土宗)。天気がよかったので、撮りました。

東京都指定旧跡 村田春海墓

所在地 江東区清澄3丁目4番 本誓寺墓地
指定 昭和18年5月

江戸時代中期の国学者で歌人。
日本橋小舟町の豪商村田春道の次男として延享3年(1746)に生まれた。
父春道、兄春郷はるさととともに賀茂真淵の門人で著名な国学者であった。
春海は国学者としては仮名遣いや五十音の研究に造詣が深く、歌人としては加藤千陰かとうちかげとともに古今調の流麗な一派を立て江戸派と称せられた。
門人に清水浜臣しみずはまおみ・小山田おやまだ(高田)与清ともきよ・岸本由流きしもとゆずるらがおり、江戸の宗匠と称せられ、従い学ぶ者が衆をなしたといわれる。
『琴後集ことじりしゅう』『歌かたり』『和学大概わがくたいがい』など多数の著書がある。
文化8年(1811)2月13日66歳で死去した。
墓石に楷書かいしょで平春海先生墓とある。

平成8年3月8日 建設
東京都教育委員会

(説明板より)